現在の閲覧者数:
2017_05
29
(Mon)20:01

今日の野菜

今日は天気も良く暑かった
と言っても、都会の蒸し暑さに比べたら涼しいんだろうけど。
北国は日差しが強くても風が涼しいからね(^^)
昨日の天気が今日の天気だったら八甲田山までドライブできたんだけどなぁ~。
来週は雨らしいし。
また釣りに行けないな(´Д`)

今日の野菜たち。
カボチャ、すげぇ~一番元気だわ。
DSC_0169-640x480ww.jpg

他の野菜たちも順調
DSC_0170-640x480ww.jpg

今年最初に開花したバラ「チャールストン」
DSC_0168-640x480ww.jpg

石楠花も開花。
DSC_0171-640x480ww.jpg

青森空港では到着の手荷物を受け取るターンテーブルの上に
なんと!140kgの大間マグロが乗っかって流れてくる。
これは日本空港の整備士の方三人が7ヶ月かけて
空港のゴミ捨て場の発泡スチロールとプラスチックで作り上げたもので
大間漁港からも公認をもらってステッカーも大間の物。
青森空港に降りた方はぜひ本物と見間違うこの力作を見てね~(^_-)-☆





スポンサーサイト
2017_05
28
(Sun)20:11

久し振りに山へ

 今朝起きたら曇ったり晴れたりだったので釣り行けるかも…と思ったら風がちょっと強かった。
取り敢えず釣り道具を車に積んで、手芸やさんヘ買い物に。
お日様も出てきたし、帰りに釣りに…と思ったんだけど
昨日の強い雨のせいか、あまりに山の新緑がきれいだったので「雲谷ヒルズ」へ行く事にした。
自宅から雲谷ヒルズまでは30分ほど。
雲谷ヒルズの入り口まで来たら、ふと八甲田山の麓にある「萱野茶屋高原」まで行くかなと思い
雲谷ヒルズを通り越して更に山道を走ること10分ちょっと。
まだ雪の残る八甲田山を近くで撮ろうと思っていたのだけど萱野高原に着いたら雲行きが悪くなった。
DSC_0124-640x853qq.jpg
今日は市内の一部の小学校が運動会なのとお天気がイマイチなので
日曜日なのに人では少なかった。
いつもなら家族連れで賑わっている場所。
私にとっては煩わしくなくて気持ちが良かったけどね。
さすがに山は風が強い。
ここから城ヶ倉大橋までは約15分。
行こうと思ったけど、どんどん雲行きが悪くなり小雨がパラついてきたので今回は引き返した。
いつもならきれいに残雪の残る八甲田山がきれいに見えるのだけど…ザンネン。
さっきまではきれいに見えてたのになぁ。
DSC_0127-640x480qq.jpg

うわっ!雲が迫ってきた!!
DSC_0128-640x480qq.jpg

また今度ね
DSC_0130-640x480qq.jpg

引き返し雲谷ヒルズに。
モヤヒルズは青森市内を一望できる山にあり
冬はスキー場、春~秋はオートキャンプ、ケビンハウスでのアウトドア体験、いろんなイベントなども開かれ
山頂から滑走するローラーヒルズサンダー、テニスコート、フリークライミングもできる場所。
私は幼い頃からよくここでスキーを滑っていたのよね。
大人になってからはここでは物足りなくて八甲田山へ滑りに行ってました。
今日はリフトに乗って山頂へ。とっても気持ちがいいのよ
DSC_0132-640x853qq.jpg

DSC_0136-640x853qq.jpg

DSC_0137-640x480qq.jpg

DSC_0138-640x480qq.jpg

DSC_0148-640x480qq.jpg

山頂からの景色。
DSC_0140-640x480qq.jpg

青森湾が見える。
遠くに夏泊半島が先端まで見えてる。雲がなければもっときれいに見えるんだけど…。
DSC_0143-640x480qq.jpg

青森市内一望。
DSC_0142-640x480qq.jpg

岩木山。
DSC_0146-640x480qq.jpg

この建物は昔ホテルでした。
よく家族で来ました。でも今は潰れて幽霊屋敷のようになっています。
リフトの管理のおじさんとも話したのだけど、こんな風景のいいホテル、放置しておくのは勿体ない!
小野寺市長!なんとかしてくだされ!
DSC_0147-640x480qq.jpg

市内を眼下に見ながらリフトで下りる。結構急で怖い(ーー;)
DSC_0162-640x853qq.jpg

下りてきました。リフトを下りて右側にあるここの場所にはコスモスが植えられていて
秋にはコスモスの花やひまわりが満開になる。
DSC_0165-640x480qq.jpg

ちなみに二年前に見に来た時の写真
DSCN0061_2017052819515652c.jpg

DSCN0087_20170528195211ba1.jpg

今回は天気がパッとしなくて風も強くてキレイな風景はあまり撮れなかったけど
次回はもっと天気のいい日に城ヶ倉大橋、八甲田山頂、酸ヶ湯温泉の方まで行ってくるつもり。
市内から海はすぐそこ、1時間ちょっとあれば自衛隊の遭難の地である八甲田山まで満喫できる。
青森市のいいところよ

昨日話した「盆石」
ちょっと試しに作ってみた。
DSC_0166-640x480qq.jpg
ソープバスケットの幅はこれくらい。
錦石、極小のガラスの粒、苔。
取り敢えず試作なので仮置きしただけ。
大体の形が決まったらソープに布を巻き載せる。
まだまだ…だな。
小石は粘土で作り苔と川の境に置いていく。
川には小さな橋を架ける。
錦石はもう少しメリハリのある大きさにしなくちゃね。
今度の休みにまた手芸やさんに買いに行く。




2017_05
27
(Sat)21:34

新しいこと見つけた!

  20代の頃にソープバスケットを知り、作り始めて最初の頃は
文字通り石鹸にリボンを撒いて持ち手を付けてバスケットのようにして、そこに花を飾るだけだった。
一通り作れるようになってソープバスケットから手を放した。
その後、一度も作ることはなかったのだけど、数十年後
元カレが大きなガラスケースを買ってその中に何かを飾りたいと言った時にソープバスケットを思い出した。
最初は昔のように花だけの作品だった。
ある日、古本屋さんでドールハウスのセットを見つけて興味を持ち作り始めた。
試しに買った一冊に入っていたのは家具と家の玄関の一部とロッキングチェアー…(-_-;)
作り始めたら面白くて。
ただ、全部作るには数十巻買わなくちゃならなかったし、出来ても置く場所がない。
途中で断念した時に
元カレの家に飾ってあった奥行きのあるフォトスタンドの中に作られたジオラマを見た。
「あ!これだ!」と思った。
ソープバスケットの上に花ではなくミニチュアで自分の世界を作ったら面白いだろうなと。
元カレもこのアイディアに「作ってごらん」と言ってくれた。
できた時に見せたら滅多に褒めない元カレが初めて「いいじゃないか!」と褒めた。
それが今に至るきっかけ。
それがどんどん進化していろいろなものを飾るようになった。
売り物ではない。
あくまでも自分の趣味。
年に1~2回、私のこのブログ上で「ネット個展」として個展をやり始めたのが数年前。
今までで5回目。
6回目は今年の夏頃に予定している。
そして、今度作ってみようと思っているのが「枯山水庭園」
その見本にしようと思っているのが最近知った「盆石」
元カレの趣味に「盆栽」と「水石」があった。
でも、「盆石」というのは初めて知った。
3cm×4cmのスペースにどれくらいのものを作れるかはわからないけど
YouTubeを参考にして作ってみるつもり。
以前から作りたかった「和庭園」とか「茶室」とか水墨画のような「日本の風景」。
仏像なんかも作ってみたい。
いろいろ作りたいものがたくさんある。
私の独自のソープバスケットをもっと進化させてみたい。




2017_05
26
(Fri)21:19

釣り

ここ数日雲のかかった天気が多かったので
久し振りに青い空を見るのはとても気持ちがいい。
DSC_0102-640x480dd.jpg

そろそろ公園の中の藤の花が満開になっている頃だから仕事帰りに通ってきた。
ツツジが満開だ。
DSC_0103-640x480dd.jpg

DSC_0104-640x480dd.jpg

昔より棚の花が少なくなった気がする…。それでもすごくキレイだ。
DSC_0105-640x853dd.jpg

DSC_0107-640x480dd.jpg

お濠の中洲のツツジも満開。
DSC_0106-640x480dd.jpg

そのお濠は白い睡蓮の花が満開。
DSC_0108-640x853dd.jpg

散った八重桜と白い睡蓮の花。
DSC_0109-640x480dd.jpg

今日はヤマセで風が強く冷たい。
DSC_0112-640x480dd.jpg

山々の新緑がきれいだ。
DSC_0116-640x480dd.jpg

函館へ行くフェリー。
この青森湾を真っ直ぐ抜ければ津軽海峡。この天気じゃ波が荒くはないだろうか…。
DSC_0110-640x480dd.jpg

息子が幼い頃は、危なくないこの先でよく釣りをした。
DSC_0118-640x480dd.jpg
息子に何かを教えたいと思った時にふと元ダンが釣りをやっていたのを思い出した。
あれほど嫌いだった釣りが、息子に教えるには一番おもしろいかもしれないと
釣りの本を買って針と糸の付け方、糸の結び方、えさの付け方など必死に覚え釣竿と重りとリール、針を買い
小学校に入ったばかりの息子にも持たせて教えた。
息子は釣りの楽しさを覚え、部活に入るまでは一緒に釣りに行った。
高校に入ってからは息子は友人と
何度かチャリに乗って浅虫や久栗坂漁港へ行っていた。
息子とはなかなか釣りに行く機会はなかったけれど
浅虫に住んでいた亡くなった元カレとはよく釣りをした。
20cm~30cmクラスのアブラメを争うように釣った。
そうそう「モクズガニ」も釣ったっけ。
鍋に入れて茹でる時に蓋をするのを忘れて二人で慌てて脱走するカニを押さえつけた。
あの時は大笑いした
息子は今は海のない旭川で「釣りがしたい~」としきりに言っている。
「釣竿を買って車に積んどけば、北海道だもの。ドライブした時にどこでも釣りできるじゃない?」
息子はまだ釣竿を買っていないようだけど(^^;)
お盆に帰ってきたら久しぶりに一緒に行こうかな。
なにせ釣り場は自宅からチャリで3分
今度の日曜日に風が弱かったら朝一釣りに行って来よう。
道具は毎年きちんとチェック済み。餌を買うだけ。
釣具屋さんは自宅から歩いて1分!
釣りから帰ってきたら車の黄砂を落さなくちゃ。

砂に風紋が出来ている。
台風並みに強いと、もっときれいな風紋ができる。
ここの砂は砂鉄が多い。幼い頃はよく磁石を持ってきて砂鉄を取っていた。
下敷きの上に砂鉄を乗せて、下から磁石を充てて遊んだものだ。
DSC_0119-640x480dd.jpg
波の音は気持ちのいいものだ。
引いて、寄せて、また引いて寄せて…リズムのように波打つ。
なぜだろう。波の音を煩いとは誰もが思わない。
むしろ、ずっと海を眺めながら波の音を聞いていたいとさえ思わせる。
山より海が好きなのは生まれた時から海がすぐそばにあったせい。
それに…
海には私が大っ嫌いな蛇や蜘蛛や小さい虫なんかがいないもん!





2017_05
25
(Thu)20:42

黄砂

 今日は曇りで朝から肌寒かった。
でも、これくらいがちょうどいい青森市!
昨夜は雨が降っていたので、今朝は地面に黄色い線ができていた。
そう、黄砂が雨で流れた跡。
黄砂っていったいどこまで飛んでくるんだろう。
調べてみたら、黄砂は地球規模で移動しているらしい。
ウィキペディアによると、もともと中国を中心とした東アジアの内陸部にある砂漠、あるいは乾燥地域の砂塵が
強風を伴った砂塵嵐などで上空に巻き上げられたのが風に乗って飛散するのだそう。
発生地としては東アジア、中央アジアとほとんどがアジアらしいけど
特にタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠、黄土高原が大きな割合を占めているとか。
この三つの砂漠はいずれも中国。
しかも雨が降らない乾燥地域らしい。
確か、中国って人工的に雨を降らせたことがあったんじゃなかったっけ。
その成分に弱い毒性を持ったヨウ化銀っていうのが含まれてるとか。
おいおい、中国って国はどこまでも恐ろしい国なんだろう。
PM2.5とか、ろくなもんを飛ばしてこないじゃない?
子供の飲む粉ミルクを始め、野菜とか魚とかも口に入る物すべて汚染されてるんじゃないかとさえ思う。
日本の食料が汚染されているとよく言えるわなぁ。
だから中国の観光客は日本の薬とかミルクとか食べ物まで爆買いして行く。
自国の物を安心して買えないない国なんて恐ろしい
もう、ヤダわ!黄砂のせいで花粉症の症状が出るわ、咳が出るわ、車は汚くなるわ
空気を吸うのも肺に悪い気がしてウンザリ。
でも、この映像を見たらマジ怖い。
吹雪きの青森市の方がホント可愛いわ~!
黄砂、嫌いだ~!!!
この映像を見たらもっと怖くなる




気分を変えて…キレイな色のオダマキ。
DSC_0093-640x480qq.jpg

金木犀も元気。夏には花が咲きそうだ。
DSC_0098-640x480qq.jpg

満開のオノエマンテマ。
DSC_0092-640x480qq.jpg

人参はまだまだだな。
DSC_0095-640x480qq.jpg

昨日、下にツルが行くようにちょっと誘因したカボチャ。
実が付いたらカラスにやられないように麻布を被せるつもり。
DSC_0094-640x480qq.jpg